初心者が日経225miniをするなら | 日経225先物システムトレード

初心者が日経225miniをするなら

初心者が日経225miniをするのであれば、どうすれば良いのでしょうか?


先ずは日経225先物取引と日経225miniの取引方法をざっと説明してみます。日経225先物取引、日経225miniとは、日経平均株価が特定の期日までに上がるか下がるかを予想する投資方法だと言えます。特定の期日とは、3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日を指しています。この期日までに、日経平均株価がいくらになっているのかを予想する取引だと言い換えても良いでしょう。


今の日経平均株価よりも上がると予想したのであれば買いとなりますし、下がると予想したのであれば売りを選択します。日経225先物取引と日経225miniの違いと言えば、日経225先物取引が差額の1000倍が損益となるのに対して、日経225miniでは10分の1である差額の100倍が損益となることです。つまり、日経225miniの場合、日経225先物取引よりも少ない資金で投資をすることが可能となるのです。


投資に関する初心者であるのなら、先ずは少ない資金から始めることのできる日経225miniから始めてみると良いでしょう。仮に、20円の差額で利益が出たとした場合は20円の100倍である2000円の利益になり、反対に損失となっても2000円の損失で済みますので大きな損失とはなりにくいと言えます。


最初は大きな利益を出すことを狙うのではなく、小さな利益をコツコツと積み上げていきたいのであれば、日経225miniがお勧めだと言えます。取引になれてくるなど、大きな利益が狙いたい場合は日経225先物取引を始めると良いでしょう。