重要なのは売りと買いのタイミング | 日経225先物システムトレード

重要なのは売りと買いのタイミング

日経225先物取引において、売りのタイミング、買いのタイミングとはどのようなものになるのでしょうか?


先ずは基本的なこととして、日経225先物取引の場合は、ある期日までに現在の日経平均株価が上昇するのか、下降するのかを予想して投資することになります。具体的な数字を出して例を紹介しますと、現在の日経平均株価が仮に12000円だとします。この時、ある期日までに日経平均株価が上昇すると踏んだ場合は買いを行うことになります。12000円を1枚買付することで、投資したことになります。


その後、自分の読み通りに期日までに日経平均株価が上昇したとしましょう。13000円となったとしますと、この時に差額である1000円に日経225先物取引の場合は1000をかけることになりますので、1000000円の利益が出ることになります。


反対に、11000円と下がってしまうとどうなるのかと言いますと、1000000円の損失としてなってしまいます。証拠金が足りなければ、損失を補填する分の証拠金を追加する必要が出てくるようになります。こうした取引を行うことになりますので、基本的に売り、買いに関しては日経225先物取引では売り買いのタイミングはそこまで難しいものがありません。


先物取引と言っても現物の先物取引とは異なっており、連続でストップ高、ストップ安のように決済することが出来ないこともあるのですが、日経225先物取引ではそのような心配もないことも特徴の1つでしょう。