小さな資金で取引できる日経225ミニ | 日経225先物システムトレード

小さな資金で取引できる日経225ミニ

小さな資金で投資が出来ると言う日経225ミニとは、いったいどういう投資になるのでしょうか?投資と一口に言っても様々な投資がありますが、最も代表的な投資と言えば株式投資があります。株式投資の場合ですと、どの会社の株式に投資をするのかと言った銘柄の選定などがあり、投資を始めたばかりの方からすると敷居が高いように感じることもあるようです。

そうした敷居の高さを取り払ったのが日経225先物取引です。日経225先物取引とは、日経平均株価指数が上がるのか下がるのかを予想して投資をする方法のことで、株式投資のように銘柄を選定する必要がありません。つまり、その日のニュースなどの情報を見ながら、今日は日経平均株価指数が上がるのか下がるのかと言ったことを考えるだけで良いと言えるのです。

この日経225先物取引をミニサイズにしたものが日経225ミニとなります。具体的な例を出して見ますと、日経平均株価指数が上昇すると見越して10000円で日経225ミニを一枚買付したとします。その後、予想通りに日経平均株価指数が上昇し、12000円となったとしましょう。この時、差額である2000円にかける100倍となりますので、20万円の利益を手にすることが出来るのです。

反対に8000円となってしまった時には、20万円のマイナスとなってしまいます。日経225先物取引の場合、1000倍のレートとなるので先の例を使いますと、プラス時には200万円、マイナス時にも200万円の損益が出ると言うことになります。