日経225なら銘柄を選ぶ手間がない | 日経225先物システムトレード

日経225なら銘柄を選ぶ手間がない

日経225先物取引の特徴の1つとして、銘柄を選ぶ手間がないと言ったことがあります。資産運用をしようと考えた時に、先ず頭に浮かぶのは株式投資ではないでしょうか?投資と言えば、株式投資が圧倒的な知名度を誇っていますが、同時に株式投資は難しいと考える人も多くいらっしゃいます。


その理由の1つが、どの会社の株を選べば良いのか解らないと言ったことでしょう。株式投資では、各企業の業績などを調べて投資先を選んでいくことがとても重要になります。各種ツールなどを利用することによって、多少はラクに調べることが出来ますが、初心者の方にとってはどうしてもどの企業に投資をするのかと言う銘柄選択は、難しくも感じてしまうのも仕方のないことだと言えます。


その点、日経225であれば銘柄を選択する必要はありません。日経平均株価に連動したもので、ある期間までに株価が上昇するか下降するかを予想する商品ですので、とても解りやすいと言っても良いでしょう。


日経平均株価とは、株式指標、株式指数とも呼ばれるもので、株式指数とは日本の株式市場全体の動向を現している数値のことです。日経平均225の日経とは、日本経済新聞社のことを指しており、平均と言うのは225銘柄の平均株価のことを指します。


つまり、日本経済に関わる全ての企業の平均を出した数値ではなく、日本経済新聞社が選んだ225社の株式銘柄の平均株価のことになります。ちなみにこの225銘柄に選ばれるのは、会社の規模が大きく優良な経営をしており、流動性の高い企業が選ばれるようになっており、随時入れ替えが行われるようになっています。