日経225の寄与度と算出方法 | 日経225先物システムトレード

日経225の寄与度と算出方法

日経225の寄与度と言うのはいったいどういうものなのでしょうか?単純に寄与度と言う言葉の通りに、日経平均株価に対して各個別銘柄がどのくらい騰落幅を持っていたのかと言うことを示しているもののことを言います。例えばですが、20円の寄与度と言うことですと、該当する銘柄が日経平均株価を20円押し上げていたと言ったことを意味する言葉になります。


では、日経平均株価の算出方法とはどんな算出方法になっているのでしょうか?日経平均株価の場合、TOPIXの算出方法とは異なっており、株式時価総額の比重を考慮した算出方法ではなく、その時点での株価を額面50円とみなして換算したみなし株価を単純に合算することから始まります。この合算したみなし株価の合計を一定の除数と呼ばれる数値で割ることによって算出されることになります。みなし額面と言うのは旧額面に相当するものであり、そもそもは50円額面換算株価で日経平均株価は算出していました。


しかし、商法の改正に伴ってこの額面制度が廃止されてしまったことにかかり、旧額面に相当するみなし株価と言う数値を使って株価の修正を行うようにしています。ちなみに、寄与度の算出方法もありますが、現在では日経平均株価に関する寄与度を一覧にしたウェブサイトなどがありますので、寄与度を知りたい時にはそちらで確認する方がラクだと言えます。


基本的にみなし株価が大きければ大きいほど日経平均株価に影響を与えることになり、同じ日経225に採用されている銘柄でも日経平均株価への影響は300倍もあるとも言われています。