日経225ミニと必要証拠金について | 日経225先物システムトレード

日経225ミニと必要証拠金について

日経225miniの取引を始めるにあたって、先ずは証拠金というお金を証券会社に預託する必要が出てきます。この必要証拠金と言うのは、いわば証券会社に預ける担保のようなものであると考えて良いでしょう。日経225miniは基本的に流動性の高い取引です。つまり、大きな利益を出すことも可能ですが、反対に大きな損失を出す可能性も等しくあると言えます。


投資家からすれば証券会社を通して、この日経225miniの取引を行っていくことになりますが、投資家が大きな損失を被ってしまった場合は、証券会社が損失を出しているというようにも考えられます。そこで、証券会社としては最低限の担保が欲しいということで、日経225miniの取引を行うのであれば最低でもいくらのお金を口座に入れておいて下さいと言うことになるのです。


この証拠金と言うのは、日経225miniの取引をする為には必須となってくるもので、証拠金を先に証券会社に預けることによって日経225miniの取引を開始することが可能となります。証拠金がどのくらい必要になるのかと言うのは、SPANパラメーターによって算出されることになり、このSPANパラメーターは毎週更新されていきますので、必要証拠金の金額も毎週異なってくると言えるでしょう。


実際に必要な証拠金の額はこのSPANパラメーターを基準として各証券会社が定めた証拠金を預託することになってきます。例えばですが、SPANパラメーターが100円であるとします。この時、日経225miniでは100円の100倍である1万円が証拠金となりますが、この1万円を基準として各証券会社が必要証拠金を定めていくことになるのは覚えておきましょう。