日経225先物取引でどんな取引が? | 日経225先物システムトレード

日経225先物取引でどんな取引が?

日経225先物取引では実際にどんな取引が行われているのかを解説してみます。先ず、基本として日経225先物取引と言うのは、あらかじめ決められた期日までに日経平均株価が上昇するのか、下降するのかと言うことを予想して投資をするものです。単純に、日経平均株価が上昇すると踏んで1枚購入した時に、20円の上昇でも株価が上昇すれば利益が出ますので、コツコツと利益を上げていくことを目標にしておくと良いですね。


実際に日経225先物取引で利益を上げていく為には、リスクの管理を怠らないこと、自分なりのルールを作り決してそのルールを曲げないことがあります。


では、実際の取引例を紹介してみます。仮に日経平均株価が12000円だったとして、株価が上昇すると踏んで1枚12000円で買い建てしたとします。その後、見事に株価は上昇し12300円まで上がったとします。この時に利益を確定する為には決済をする必要があり、決済は反対売買を行うことで確定します。最初に買い建てをしているので、反対売買ですと売り建てをすることで決済することになります。


売りの注文に関しては、一般の株式取引と同様に指値注文と成行注文があります。仮に成行注文を出したとすると、結果12250円で決済出来たとしましょう。当初の12300円よりも決済額は下がってしまいましたが、差額である250円かける1000倍の250000円が確定利益となります。実際には10円、20円のような単位での決済が多くなりますので、ここまで大きな利益が出ることは珍しいことではあります。