日経225先物取引の資金効率について | 日経225先物システムトレード

日経225先物取引の資金効率について

日経225先物取引の資金効率について書いていきましょう。一般的に日経225に限らず、先物取引に関しては少ない資金であっても大きな金額での取引が可能となる投資方法だとされています。また、決済の方法として価格の差額分を受け渡しすると言う差金決済と言う方法が取られていることから、投資家からすると多額の資金を用意する必要がなく、投資をすることが可能だとされているのです。


例えばですが、日経225先物取引の場合ですと、取引をする時に必要となる資金としては証拠金があります。この証拠金に関してはSPANと呼ばれる証拠金計算システムによって計算されることになります。最低限必要な証拠金などに関しては、各証券会社によっても異なってきますので確認しておくと良いでしょう。


この最低限必要となってくる証拠金の額と言うのは、中心限月の終値と比較することによってレバレッジの倍数を出すことが出来ます。一般的な信用取引のレバレッジがおよそ3倍程度であるとも言われているのですが、先物取引の場合は20倍を超えるとも言われており、先物取引の資金効率はかなり良いと言っても良いでしょう。


ただし、忘れてはならないのはその分リスクも高くなってきますので、十分なリスク管理が必要になってきます。少ない資金で大きな取引が出来ると言うことは、裏を返せば大きな利益を出すこともできる反面で大きな損失が出る可能性もあるので、証拠金には余裕を持って取引するようにしておきたいですね。リスク管理の方法としてはあらかじめ損切りできる許容範囲を決めておき、損切りの設定をしておく方法があります。