日経225採用銘柄はこうやって決まる | 日経225先物システムトレード

日経225採用銘柄はこうやって決まる

日経225採用銘柄とはどのようにして決まるのでしょうか?日経225と言うのは、日経平均株価を出すために選ばれた銘柄の数である225社のことを指しています。この日経平均株価ですが、東証の第一部に上場している銘柄の中から選択されることになります。


つまり、日本の株式市場を代表するような銘柄で構成されていると言っても良いでしょう。日経平均株価を出す企業を選んでいるのは誰になるのかと言いますと、日本経済新聞社が選んでいることになります。ただし、1度選ばれるとずっと選ばれ続けると言うようなことはなく、定期的な見直し、不定期な見直しの両方を行うことによって年に何度か銘柄の入れ替えが行われていると言っても良いでしょう。


定期的な見直しについては、原則として1年に1回行われることになり、毎年10月1日に実施されています。定期的に日経平均株価の構成銘柄を入れ替えるのは、日経平均株価の指数が日本の産業構造の変化をきちんと反映させる為になります。この為、入れ替えになる銘柄数に上限は定められていません。


サッカーのリーグ戦ですと、上位グループの下位2チームと下位グループの上位2チームが入れ替え戦を行うなどのような仕組みとは異なっており、上限が定められていない為に、その会社の業績がきちんと反映されると考えて良いでしょう。


不定期な入れ替えと言うのは、構成銘柄が合併した時、経営破綻をしてしまった時、持株会社化することによって上場が廃止されてしまった場合、整理ポストに入った場合などに行われることになります。例えばですが、粉飾決算が発覚してしまって上場が廃止になってしまった時などには、構成銘柄から外されて変わりの銘柄が採用されることになります。