株式投資と日経225の違い | 日経225先物システムトレード

株式投資と日経225の違い

株式投資と日経225にはどんな違いがあるのでしょうか?先ず日経225先物取引ですが、こちらは将来のある期日までに現時点の日経平均株価が上昇するか下降するかを予想して売買を行う取引になります。つまり、株式投資のようにどこか1つの銘柄に対して投資をするのではなく、日経平均株価がどうなるのかを予想して投資をするので、ある意味ではとてもシンプルな取引になると言えます。


また、株式投資との大きな違いとしては証拠金が必要になると言うことがあります。日経225先物取引では、いわゆるレバレッジをかけた取引となりますので、取引や売買を行う為に必要な預託金である証拠金が必要になるのです。株式投資でも信用取引などが存在していますが、単純な株式投資のみの場合は証拠金は必要ありません。


また、リスクと言う点においては、株式投資では投資をした銘柄の企業が倒産してしまうかもしれないと言ったリスクが存在しますが、日経225先物取引ではそのような心配はありません。前述したように日経225先物取引とは、日経平均株価を上昇、下降を予想するものであり、どこかの企業に投資をする訳ではありませんので、唐突に企業に倒産してしまって大きな損をしてしまうと言ったリスクがない点も重要だと言えます。


他にも、株式投資の世界ではいわゆる仕手株と呼ばれるような動きが見られることもありますが、日経225先物取引の場合、取引量が巨大であること、シンガポールやアメリカの証券取引所でも上場されていることから、意図的に株価を操作することが不可能であると言っても良いでしょう。つまり、個人の投資でも機関投資家などに対して、同じ土俵で勝負が出来る投資方法だと言えます。